異文化包容力「おでん」

2016.12.26

最初「ODN」の張り紙を見た時は何かと思ったが、近所のオシャレな居酒屋が「おでん」メニューを始めたとのお知らせだった。

かつては日が暮れるとおじさん率の高いおでんの屋台があちこちで見られたが、現在屋台は減少傾向にあるらしい。

でも、やはりおでんの湯気には赤錆色をした冬の夕暮れと寒さが似合う。

 

おでんとは元々、串に刺した味噌田楽のことを差していた。

漫画やアニメ「おそ松くん」の中で、チビ太が串に刺して持っていたおでんは実に由緒正しい。

現在はたっぷりのつゆで煮込んであるものが普通で、串はあったりなかったりする。

そして地域によって独自のおでんネタがある。

静岡のおでんにはイワシやサバを使った「黒はんぺん」がお決まりだし、熊本のおでんには牛スジならぬ馬スジが入っているそうだ。

一度は食べてみたい。

 

おでんはコンビニ経由で海外にも進出している。

中華圏ではポピュラーなおやつウーロン茶煮卵(茶葉蛋)の隣で、串に刺したおでんらしきものを売っている。

食べてみると日本とは微妙に違う味付けだが、手軽なテイクアウトメニューとして愛されている。

 

出汁の効いたおでんのつゆは包容力抜群で、しかも好きなネタを好きな順番で好きなだけ食べられる。

時代に伴う変化や、海外飛躍のエネルギーをまだまだ残しているメニューのひとつだろう。



戻る