SOHO社長の体験記

三鷹には、スピードと勢いがある 

起業支援センターでセンター長を務める森屋さん。誰からも頼られる存在です。
 

- それにしても『みたか身の丈起業塾』、6月に森屋さんを含む事務局が揃い、7月下旬には開講。ものすごいスピードでしたね。


森屋
やると決めたらスピーディに動く。これは三鷹ならではですね。当然ながらいろいろ不都合や問題もあるわけですが、新しいものにチャレンジすると決めて、始めてしまう勢いがすごいです。

- 他の地域から見ると新鮮?


森屋 他の地域でも創業支援などさまざまな取組みを行なっていますが、三鷹のようなフットワーク、ネットワークで動くのは難しいのではないでしょうか。

- SOHO支援の周辺にいらっしゃる方々がみなさん朗らかなのも、三鷹の強みかなぁと私は思うのですが……。


森屋 私は6月1日からポンと送られてきたわけですが、最初から気持ちよく受け入れてくれて、提案をすれば「まずはやってみましょう」という姿勢でした。起業塾の塾生に対しても、「ダメ」とか「無理」と言わないところが徹底しています。それが、気持ちのいい勢いを生むんだと思います。





プロフィール

森屋一訓さん 
[ 株式会社まちづくり三鷹 起業支援センター ]


森屋一訓さん 多摩信用金庫で多摩地域の中小企業担当を長年務め、2010年6月から内閣府助成事業の『みたか身の丈起業塾』の運営のために(株)まちづくり三鷹に出向。1期から5期までの塾生のサポートに奔走し、現在、修了生の起業支援に注力。2012年3月に多摩信にお戻りの予定。

(取材:安田)