SOHO社長の体験記

前職での顧客を引き継いでの起業 

机の後ろ側にはファイルがずらりと並ぶ。
 

- 逆に、そういうニッチな分野で長年培ってきた技術があるということが、起業につながったわけですね。


山名
ええ。それに事情が事情ですから、前の会社のお客さまをそのまま引き継ぐことができるということもありました。それなら自分で会社を作ったほうがいいだろうと。

- それまでのお客さまも、仕事を引き継いでくれる人がいなくなると困るでしょうし。


山名
こういう特殊な分野ですからね。他に探すにしても、新しい人たちに一から勉強させなければなりません。それよりは勝手のわかっている人に続けて出して下さるだろうと考えたわけです。

- それで前の会社に勤めていた方々と一緒に起業することに。


山名
そうです。何人かに出資してもらって会社を作りました。

- 起業をするにあたって、三鷹を選んだのはなぜですか?


山名
そのとき一緒に会社を作った前会長の加藤が、前田さん*と知り合いで、三鷹はSOHO支援に力を入れており起業のためのオフィス施設があるという情報が入ってきたことがひとつ。それに前の会社からのお客さまに三鷹の日本無線や立川のNEC子会社など三鷹周辺の企業がいらしたこともあって、三鷹がいいのではないかということになったのです。 そこで最初は、三立SOHOセンターに入りました。駅からはちょっと遠いのですが、日本無線には近くて便利でした。





プロフィール

山名順さん 
[ 有限会社シーキューブシステムズ 代表取締役社長 ]

山名順さん 東京農工大学大学院工学研究科修了後、ソフト開発会社に25年間勤務。システムエンジニアとして主に制御・計測系のシステムの開発に従事。最後は取締役として経営にも参画。平成13年(2001年)5月に退職。同年9月に仲間7人と出資し、有限会社シーキューブシステムズを設立。現在に至る。

(取材:萩谷)