SOHO社長の体験記

将来は起業家が集う猫カフェのオーナーか?? 

P1010014.jpg
古川家の「次男坊」。仕事の疲れを癒してくれるのは、やっぱり猫。
 

- 自分の個性や能力の限界を見極めるということが、起業するにあたってもビジネスを継続するにあたっても、じつは一番たいへんかもしれませんね。


古川
 そうですね。特に大企業の名刺で仕事をしてきた人が独立して起業をしようとする場合、自分の限界をしっかり見つめるというのは、けっこうきついかもしれないです。でも、起業するならそこは避けて通れないのではないかと思います。

- 会社を経営する上で、最も大切にされていることは何ですか?


古川
 やはり一番にあげるなら「人」に尽きます。よいスタッフや協力会社に恵まれなければ、よい仕事もできないと思います。また、よい仕事に巡り会えるのも人次第です。今までの経験から言っても、ひどい想いをさせられるのも人、そんなときに助けてくれるのも人、仕事を持ってきてくれるのも人ということですね。

- これから仕事としてやってみたいことは?



古川
 IT業界はスピードが速いので、当面は流れに身を任せて仕事をこなしていくだけです。
老後は猫カフェのママをやって、若い起業家達のたまり場みたいにできたらよいかな〜、と妄想しています(笑)。「フツーの会社」に就職しなかったのが結果的によかったのか悪かったのか、あの世からお迎えが来る時までに結論が出ていれば良しとしようと思っています。

 

<了>
 




プロフィール

古川あづささん 
[ 株式会社日本情報技研 代表取締役 ]


埼玉大学教育学部卒。いざ大学を卒業というときに、パソコン通信仲間が作った会社に誘われる。その後、法人化にあたって代表を役員3人のくじ引きで決めた際に、見事引き当ててしまったことから現職。猫好きとしても知られ、三鷹の自宅オフィスで猫三昧の日々を送っている。

(取材:萩谷)