SOHO社長の体験記

子ども向け講座を拡充し 新しい展開を模索中 

アカデミア吉祥寺PLUSの教室用スペース
 

- 今は新しい校舎「アカデミア吉祥寺PLUS」でとうきょうキッズメディカルスクールの講座も行われ、その他に子ども向けの法律やアート、英語,思考力などの講座も開催されていますね。


澤田   この建物は2014年の2月に完成して、2月の講座から利用しています。
  4年前から医学講座を開催しているうちに、子どもたちにとって生きる力となる分野はもっとたくさんあると感じるようになりました。「自分の子どもに伝えたいこと」を意識して、さまざま分野の専門家に声をかけさせていただいています。
  できれば現在のラインナップに加えて、子ども向けのプログラミング教室や金融教室をやってくださる方がほしいです。
  各教室の中身や運営に関しては、先生方にお任せしていますが,広告などの共同での掲載をご提案させて頂いたりしています。

- 独自スペースを確保した分リスクもあると思いますが、あえてこのような展開にした理由は?


澤田    それまでは、吉祥寺近辺で良い貸しスペースを教えていただいてそこで講座を行ってきました。でも私たちは実際の医療機器を使った実習を重視しているので、機材や実験道具を毎回運び込むのがとてもたいへんで、限界を感じ始めていたのです。アカデミア吉祥寺PLUSという場を持ったことでその問題は解決しました。この会場は単なる貸し教室というだけでなく、学校とも塾とも違う学びの場に育てて行きたいと思っています。





プロフィール

澤田めぐみさん 
[ とうきょうキッズメディカルスクール / 一般社団法人メッドラーンング代表理事 ]

呼吸器内科専門の医師。九段坂病院、多摩南部地域病院および東京医科歯科大病院呼吸器内科勤務を経て、現在は明治安田新宿健診センター非常勤内科医師、東京家政大学非常勤講師。2009年から子供向けの医学教室「むさしのキッズメディカルスクール」を開設。2011年4月に「とうきょうキッズメディカルスクール」(一般社団法人メッドラーニング)として定期講座をスタートさせ、代表理事を務める。

(取材:萩谷)