SOHO社長の体験記

身近に相談できる専門家を複数持つと 夢の実現へと背中を押してくれる 

模型の“胃”のなかを胃カメラで見てみる実習
 

- 澤田さんがこのスクールに関して、お仕事としてこれだけはなおざりにできない、大事にしたいと思ってらっしゃることはなんですか。


澤田   「1回90分で6000円」というお金を払っても受講したい、あるいは親御さんが子どもに受講させたいと思えるクオリティのものを提供していきたいです。これだけのお金を頂くのですから、単なる知識ではなく、将来的に子どもたちの身になることを伝えていかなければならならない。そのためには私自身もたゆまず勉強していく必要があります。

-最後に、これから起業を志す人たちへのアドバイスをお願いします。


澤田    自分の経験から言うと、一人で構想をふくらませていても実現は難しいです。何かしたいと思ったら、「私はこういうことをしたい」と口に出すようにするとよいですね。自分の思いも固まるし、アドバイスしてくれる人も出てくるでしょう。
  私の場合は、私と一緒にスクールの講師を担当してくれる医師や歯科医師といった仲間、それに身の丈起業塾の講師陣などが後押しをしてくれました。起業を実現するためには、相談できる相手が不可欠です。それもいろいろな分野の専門家が身近にいて相談できると、具体的な道筋も見えてくるし、起業に向けて背中を押してもらえると思います。

<了>
 




プロフィール

澤田めぐみさん 
[ とうきょうキッズメディカルスクール / 一般社団法人メッドラーンング代表理事 ]

呼吸器内科専門の医師。九段坂病院、多摩南部地域病院および東京医科歯科大病院呼吸器内科勤務を経て、現在は明治安田新宿健診センター非常勤内科医師、東京家政大学非常勤講師。2009年から子供向けの医学教室「むさしのキッズメディカルスクール」を開設。2011年4月に「とうきょうキッズメディカルスクール」(一般社団法人メッドラーニング)として定期講座をスタートさせ、代表理事を務める。

(取材:萩谷)