SOHO社長の体験記

フラワー教室の運営と 販促物などの企画制作を両立 

アレンジメント用のリボンも、「見える収納」でおしゃれに。
 

- 現在のお教室兼アトリエはどのようにして決められたのですか?


山口    教室は地域限定にせず、広いエリアから生徒さんを集めたいと考えていました。そうすると、駅から近いことが絶対条件になります。小金井は三鷹に引っ越す前に住んでいたことがあってなじみがありましたし、予算の関係もあって東小金井がよいのではないかと、現在のところに決めました。駅から徒歩1分なので、通いやすいと思います。決まった曜日、決まった時間にコースがあるのではなく、Webサイトの開講スケジュールを見て、生徒さんの都合のいい日時に予約を入れていただく仕組みにしています。1回完結の講座や体験講座もあり、気軽に試していただけます。

- お教室の他には、どのようなお仕事をされているのでしょうか。


山口    販売促進用のコラボ商品の企画制作もしますし、店舗用やイベントのフラワーデコレーションもします。最近では、スイーツとのコラボ商品として、プリザーブドフラワーのオリジナルアレンジの仕事をしました。店舗や企業の集客やお客様サービスのためのフラワー講座も企画から行っています。特に女性向けの商品とのコラボレーション講座は人気があります。社内研修やリクレーション用のフラワー講座もしています。
   最近は新たに、カラーセラピーのセッションを始めました。また販売促進用の企画制作にも、カラーセラピーの色彩心理をふまえた提案をしています。





プロフィール

山口啓子さん 
[ Blanc-design ブランデザイン主宰 フラワーデザイナー ]

1992年U.GOTO.FLORIST入社後、外資系ホテルでブライダルを中心とした花装飾を担当。フラワースクール講師を経て、2005年よりフリーランスで活動する。花を中心とした各種ワークショップの企画開催と多岐にわたるオーダーフラワーの提供をしている。花仕事で培われた感性と直感力を生かし、カラーセラピストとしても活動中。詳しい事業内容や最近の仕事についてはhttp://blancpoint.com/

(取材:萩谷)