SOHO社長の体験記

花仕事の経験をふまえて カラーセラピーも実施 

カラーセラピーに使用されるボトルと説明書
 

- お花に加えてカラーセラピーも始められた理由は?


山口    個人のお客様がフラワーデザインを習いにこられるきっかけは、アレンジメントの技術を学びたいというだけではなく、たとえば子育てでたいへんな時期が一段落したのでお花に触れるひとときを持ちたいなど、「心」や「気持ち」に関することが多いと感じています。そこで毎月季節のテーマで開催する「季節のお楽しみ講座」などでは、一緒にお茶をいただいておしゃべりする時間を設けています。
   習い事のお教室を主宰するときには、生徒さん、つまりお客様のお話を聴き、その奥にある心の動きを汲み取って講座に反映させることも仕事のうちと言えるのではないでしょうか。そのお話のきっかけのひとつとして、長年お花の仕事で培ってきた私自身の感性も生かせるカラーセラピーをやってみようと思ったのです。おかげさまで好評です。

- これまでのお仕事の延長上にあるのですね。起業したことで、今までとお仕事のスタイルなどで変わってきたことはありますか。


山口    自分で決断しないといけないことですね。私はお勤めしていた期間が長かったので、なかなかすぐに決められないこともあります。事務的なことも含めて、全部自分で判断し、自分でやらなければならないのがたいへんです。
   一方では、これまでお花以外の仕事で営業やお客様対応をしたり、ネットで受発注したりという経験が、今すべて役に立っています。まじめに取り組んできたことは、何事も無駄になることはないのだと思います。





プロフィール

山口啓子さん 
[ Blanc-design ブランデザイン主宰 フラワーデザイナー ]

1992年U.GOTO.FLORIST入社後、外資系ホテルでブライダルを中心とした花装飾を担当。フラワースクール講師を経て、2005年よりフリーランスで活動する。花を中心とした各種ワークショップの企画開催と多岐にわたるオーダーフラワーの提供をしている。花仕事で培われた感性と直感力を生かし、カラーセラピストとしても活動中。詳しい事業内容や最近の仕事についてはhttp://blancpoint.com/

(取材:萩谷)