SOHO社長の体験記

分野を超えたコラボにも 教室スペースを活用したい 

花材をあしらったメッセージ用フレーム。
 

- これからやってみたいことは何ですか。


山口    教室兼アトリエを利用して、他のものづくり系の方々ともネットワークを作れたらいいなと思っています。私自身、以前はレッスンの場所を探すのがたいへんで、公民館の部屋を借りたり、貸し教室を利用したりと苦労しました。同じ悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
   私のフラワーレッスンやカラーセラピーに加え、地道にものづくりをしながら少人数のクラスを教えている人で、「このかたなら」と思える方々にお教室として使っていただくことを考えています。先々にはいろいろな分野の人と組んで、新しいことができればいいですね。地域でも何かやっていきたいです。花を扱いながらも、それだけに限定せず、時代の要請に応えて形を変えていこうと思っています。

- 最後に、これから起業を考えている人へアドバイスをお願いいたします。


山口    私自身、まだ始めたばかりなので、「一緒にがんばりましょう!」ということですね(笑)。
  仕事は自分から作ればあります。既存の狭い枠にとらわれずにトライしてみましょう。気をつけたいのは、講座の価格設定です。「人が集まらないのでは」と不安で、つい価格を下げたくなるかもしれませんが、そうすると結局質を下げ、自分のやりたいことと違ってきてしまいます。きちんと継続し発展させられるよう、適正な価格設定をすることが大事だと思います。

<了>
 




プロフィール

山口啓子さん 
[ Blanc-design ブランデザイン主宰 フラワーデザイナー ]

1992年U.GOTO.FLORIST入社後、外資系ホテルでブライダルを中心とした花装飾を担当。フラワースクール講師を経て、2005年よりフリーランスで活動する。花を中心とした各種ワークショップの企画開催と多岐にわたるオーダーフラワーの提供をしている。花仕事で培われた感性と直感力を生かし、カラーセラピストとしても活動中。詳しい事業内容や最近の仕事についてはhttp://blancpoint.com/

(取材:萩谷)