SOHO社長の体験記

大学生のときにマンガ専門学校入学 マンガに必要な技術全般を身につける 

由利さんがマンガやシナリオを担当した書籍の一部。出版社や内容もさまざま。
 

- 由利さんは、最初から現在のようなビジネス系分野のマンガを目指されていたのでしょうか。


由利    いえ。もともとは少年漫画誌に投稿し、編集者がついてお世話になっていました。でも、少年誌でやっていくのは才能の関係で無理だろうとある段階で見切りをつけたんです。今後、マンガ家という職業で生活していくにはどうすればいいのかを模索し、ビジネス系のマンガにシフトしていきました。

- マンガ家になりたいと思ったのはいつ頃からですか。


由利    幼い頃からなりたいと思っていました。幼少期によくある夢だと思います。少女マンガを読んでいて「自分もこんなステキなマンガを描きたい!」と思ったのがきっかけです。

- それなのに少年誌に投稿を?


由利    友達に少年マンガをたくさん読む人がいて、単行本を借りて読む機会がありました。それがきっかけで、いつの間にか少女マンガではなく少年マンガを目指すようになったんです。
  その後、大学2年生からダブルスクールのような形で、マンガの専門学校に通い、それが現在の仕事につながっています。

- マンガの専門学校というのがあるんですね。


由利    はい、神保町にある(当時は恵比寿・御茶ノ水にあった)「日本マンガ塾」*1に通いました。タレントで「ギャルマンガ」を描いている浜田ブリトニー*2さんは私の一学年下にあたります。


*1日本マンガ塾:マンガクリエーターの育成に特化した専門学校。公式サイトは
http://mangajuku.jp/

*2浜田ブリトニー:マンガ家・タレント 日本マンガ塾で塾内最優秀作品に選ばれたのをきっかけに原稿持ち込みをし、「ビッグコミックスピリッツCasual」でデビュー。作品は「パギャル!」など。
 
<1P>




プロフィール

由利貴子さん 
[ なが山制作工房naonnaon主宰 ]

東京・小金井市生まれで東大和市育ち。国分寺市在住。幼少期からマンガ家を志す。大学生のとき浜田ブリトニー氏などを輩出した「日本マンガ塾」で学び、雑誌に投稿しながらマンガのスキルを磨く。大学卒業後、大手予備校の社員として就職する。一年間勤めた後、友人の紹介でマンガ家のアシスタントに。自分の仕事としては主に企業の依頼によるビジネス系のマンガを手がけ、独立し現在に至る。既婚で、子ども2人の育児に奮闘中。2017年4月にSOHOプラザAに入居。

(取材:萩谷)