SOHO社長の体験記

インタビューを基にシナリオを作り 内容に応じた絵柄を提案する 

デジタル作画の時に主に使うパソコンと液晶タブレット。こちらでペン入れすることも。
 

- 由利さんはどのようなマンガを描かれているのでしょうか。実際に見せていただきましょう。
「繁盛店の『ほめシート』」(ディスカバートエンティワン)、「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」(技術評論社)、「マンガでわかる編集者の仕事」(TEN Books)、「マンガでわかるやさしい中国語入門」(Gakken)、「決戦!日米VS中国軍」(宝島社)などなど。
  いろいろなタイプのビジネス書を手がけられているのですね。分野が多岐にわたっています。



由利    絵柄を描き分けるのが得意なほうなので。

- 確かに、本のテーマによってだいぶ絵の雰囲気が違います。


由利    この「マンガでやさしくわかるメンタルヘルス」(日本能率協会マネジメントセンター)は、シナリオだけを担当しています。

- シナリオ担当というのは、どういうことをなさるのですか?


由利    この本の場合、メンタルヘルスの先生に直接お会いしてお話を聞いて、シナリオを作って、セリフを入れたネームを作って、それでOKをもらってマンガ家の方にお願いしました。

- ライターの仕事とも一部共通しますね。シナリオを書くにせよ、マンガを描くにせよ、まず中身をしっかり理解する必要がありそうです。


由利    そうですね。日本マンガ塾にはプロのシナリオの先生がいらっしゃって、そこで学んだのが大きいです。

- 内容に応じて絵柄を変えているというお話ですが、最初にサンプルを出したりするのでしょうか。


由利    はい、最初に指定が入る場合もありますが、シナリオと一緒に登場人物のキャラクター画を複数出すこともあります。





プロフィール

由利貴子さん 
[ なが山制作工房naonnaon主宰 ]

東京・小金井市生まれで東大和市育ち。国分寺市在住。幼少期からマンガ家を志す。大学生のとき浜田ブリトニー氏などを輩出した「日本マンガ塾」で学び、雑誌に投稿しながらマンガのスキルを磨く。大学卒業後、大手予備校の社員として就職する。一年間勤めた後、友人の紹介でマンガ家のアシスタントに。自分の仕事としては主に企業の依頼によるビジネス系のマンガを手がけ、独立し現在に至る。既婚で、子ども2人の育児に奮闘中。2017年4月にSOHOプラザAに入居。

(取材:萩谷)