SOHO社長の体験記

顔の見える関係の中で、長く働き続けたい 

 


 -
危機を迎えたことは?


森下 小所帯でやっと人とお金がまわっているので、常時綱渡りという感じです。SOHOや個人商店は、経営者に何かあったら立ち行かなくなってしまうでしょう。うちは会社組織にしている分一人よりは強いけれど、常に同じ危機をはらんでいると思います。


- それも含めて、今後どのようにしていこうと思いますか。


森下 歳をとってもずっと働いていたいので、自分たちが働く場所が確保できればOKです。今の仕事にはこだわりません。この間も、昼の時間の居酒屋さんを借りてラーメン屋さんをやったらどうかという話になったし(笑)。ただ、加齢とともに体力が低下するのは確かですから、許容量を見極めて仕事の質を落とすことのないようにしていきたいと思います。でも、仕事をセーブするのって難しい。


- 三鷹のコミュニティの中で仕事をするスタイルについては?


森下 三鷹のSOHOは、顔が見える関係にある人たちがもう10年以上みんなでひとつずつ歳を重ねているわけですから、すごいですよね。私たちの仕事も、やはり顔が見えるからこそうまく回ることがたくさんあったと思いますし、困ったときには誰かに相談できて心強いです。そういうコミュニティのなかに、歳をとってもずっと仕事を続けられる芽があるのではないでしょうか。そこにまた、若いSOHOのみなさんが入ってきて、一緒に歳を重ねていけたらいいですね。

<了>
 




プロフィール

森下ことみさん 
[ 有限会社そーほっと 代表取締役社長 ]


森下ことみさん 有限会社そーほっと 代表取締役社長/結婚を機に三鷹に住み、専業主婦生活10年の後にSOHOパイロットオフィスのスタッフとしてパート勤務。2000年に同僚スタッフとともに、アプリケーションプラス(株)の「そーほっと事業部」としてワーカーサポートサービスを立ち上げた。3年後に独立して(有)そーほっととなり、現在に至る。

(取材:萩谷)