SOHO社長の体験記

リスクの少ないコンサルティングで稼ぐ 




-
永井さんの場合、収益のポイントはどこにあるのでしょう。



永井
私の仕事は画像ファイリングシステムのコンサルタントですから、物を買って売るリスクがありません。コンサルタントの費用をもらうので、資金繰りもあまり関係ない。今もティアック時代からの人間関係、具体的に言うとメディカル機器メーカーやドクターとのつながりで仕事が来ます。メーカーの場合、金額の大きい医療機器を売る手段としてファイリングシステムをつけたいので、早くリーズナブルに対応してくれるところに頼みたい。そこでうちに話を持ってこられるわけです。
現在はスリーゼットとの年間契約でコンサルタント料が入ってきます。それ以外に自分で受けた仕事は、また別収入となります。

- ちなみに、パイロットオフィスの情報はどうやって入手されたのですか。


永井 たまたま足を骨折して入院し、そこで新聞を見たら募集があることを知り、応募書類を出して松葉杖で面接を受けました。すでにM社と仕事をし、コンサルタントでやっていくという枠組みができていたので、それに沿って事業計画書も書けたのです。
そのとき一応はM社に籍を置いてはいましたが、「どこへ移っても私とユーザーはつながっているから大丈夫だ」と感じていました。会社員時代と違い、自分の判断でお金を使ってユーザーの元へと自由に動けますし、そこから長いお付き合いができるのですから。





プロフィール

永井実重さん 
[ メディカルシステム・ナガイ代表 ]


永井実重さん メディカルシステム・ナガイ代表/医療分野の医用画像をデジタルファイリングするシステム構築のためのコンサルタント業務を行っている。ティアック、センチュリーメディカル、ミネベア、ティアックと医療分野の会社で転職をしながら経験を積む。1994 年ティアックを55 歳で早期退職し八王子の自宅で起業。1998年12 月SOHOパイロットオフィスの開設時に入居し、現在に至る。

(取材:萩谷)