SOHO社長の体験記

自らの仕事を深め、人脈を育てることが成功につながる 




-
永井さんは会社員時代に、会社を超えてご自分だけの人脈を作り上げて、それが今につながっています。まさに人脈は財産ですね。



永井
おっしゃるように、顧客を獲得しようと思ったら、まず人脈です。私はティアックの情報機器部にいた若い頃から、大学の生理学や脳科学研究の先生方との人脈ができていましたし、一緒に開発に取り組んだ技術部の人たち、そして共同開発をしたメーカーやソフト会社とのつながりもあります。私の場合、「仕事と自分がぴったり引っついている」とでも言うのでしょうか(笑)。
人脈にもいろいろあって、例えば会社の偉い人についている人脈は、その人がいなくなったらおしまいです。見極めが必要ですね。

- 起業をお考えの方へのアドバイスは?


永井 今やっているお仕事の中で、「こうすれば経験が生かせ、独立しても同じようなことができるぞ」ということを発展させるのがよいと思います。つまり、今までの仕事の延長線上に起業を持っていくのです。全く違ったことをやろうとしても、経験がないし先も読めません。延長線上であれば、ある程度の見通しはつきますから成功率が高いです。
もし、その方が独立してしまうと元の会社で人手が足りないとか、担当業務が継続できなくなってしまうのなら、その仕事を請け負ってもいいわけですよ。元の会社にその事業を継続してもらい、そのバックアップをしながら自分の顧客を広げることもできます。





プロフィール

永井実重さん 
[ メディカルシステム・ナガイ代表 ]


永井実重さん メディカルシステム・ナガイ代表/医療分野の医用画像をデジタルファイリングするシステム構築のためのコンサルタント業務を行っている。ティアック、センチュリーメディカル、ミネベア、ティアックと医療分野の会社で転職をしながら経験を積む。1994 年ティアックを55 歳で早期退職し八王子の自宅で起業。1998年12 月SOHOパイロットオフィスの開設時に入居し、現在に至る。

(取材:萩谷)