世界の計画機制作、ドイツ機その2

2021.04.30

第二次世界大戦中に、ドイツのLippisch博士が計画したラムジェット戦闘機Lippisch Lp .13aをソリッドモデルで制作しました。縮尺1/48です。主材質は木です。図面より制作しました。エンジンは絞りがあるパイプです、可動部はありません。ロケットエンジンで高速飛行し、ラムジェットエンジンの絞り部を通過する空気が、高温になったときに、石炭ガスを噴射し爆発発火させて音速で飛行する仕組みです。ドイツの技術者の発想と実行力には驚きます。操縦席の、カバーを外し、内部が見えるように作っています。




戻る