世界の計画機制作、ドイツ機その5

2021.06.15

ドイツのFocke-Wul社が、1930年(昭和5年)初頭に計画した、エンテ型爆撃機です。ドイツ本国では、不採用になりました。ロシアと日本が関心を示して、実物大模型をドイツに見に行ったそうです。あまりにも斬新な設計のため、両国は採用しませんでした。もし、日本が採用していたら、との仮定で製作してみました。縮尺1/48のソリッドモデル(材料は木)です。ちょっと夢のある形状の飛行機です。大きな飛行機です。



戻る